マンション売却豆知識コラム

大津市でマンション売却をしたいが赤字が気になる...赤字を抑える方法を紹介

大津市にお住まいで、マンション売却を検討している方はいらっしゃいませんか。
売却するのであれば、できれば赤字は出したくありませんよね。
そこで、今回はどのような場合に赤字になり、赤字を出さないためにはどのようなことをすれば良いのかご紹介します。
 
赤字

□どのような場合に赤字なるのか
 
では、マンション売却においてどのような場合に赤字なるのでしょうか。
マンションを売却したときに、その売却価格が購入価格よりも下回る場合には赤字です。
 
しかし、単純に買った時よりも高く売れたら、それで黒字というわけでもありません。
マンションだけではなく不動産を売却するためには、仲介手数料や印紙代などの費用がかかります。
そのため、物件の売却価格から売却のためにかかった費用と物件を購入するためにかかった費用を引いて、マイナスの場合には赤字と言えるでしょう。
 
ただ、不動産は基本的に経年劣化によって物件の価値が下がるものです。
そのため、黒字になるケースは少なく、赤字になってもそこまで気にする必要はないでしょう。
 
□赤字を出さないためにできることとは
 
赤字になることが当たり前と言われても、できるだけ黒字にしたいという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、以下で赤字を出さないためにできることについてご紹介します。
 
はじめに、信頼と実績のある不動産会社に査定を依頼することです。
査定を依頼する際、実績のない不動産会社に依頼すると相場よりも低い値段を提示されることがあります。
実績のある不動産会社に査定を依頼することで、適正な価格を出してもらいましょう。
 
次に、売ることが得意な業者に頼みましょう。
不動産業者の中にも得意不得意があり、あらゆるタイプの取引に対応できるというわけではありません。
売ることが不得意な業者にはあまり依頼したくないですよね。
そのため、できる限り売却に特化した業者を見つけましょう。
 
最後に、担当の方の人柄をチェックしましょう。
スキルももちろん重要ですが、担当の方の人柄も重要です。
不動産売却は売却までに長い期間が必要で、その間ずっと関係を持つのが、その担当の方です。
そのため、その方が本当の意味で信頼できるかどうかといったこともチェックしましょう。
 
□まとめ
 
今回はどのような場合に赤字になって、赤字を出さないためにはどのようなことができるのかについてご紹介しました。
赤字を出さないためには業者の得意不得意を見極めることが重要です。
当社では、マンション売却に関して全力でお手伝いさせていただきます。
お悩みがある場合は、お気軽にご相談ください。