マンション売却豆知識コラム

「マンション売却で、内覧に向けて、コツを教えてほしい!」

マンションを売却しようと考えている方、内覧に向けての準備は進めていますか?

内覧は、マンションが売却できるかどうかに関わってきます。

そこで今回は、内覧の時のコツについてご紹介します。

しっかりと準備して、内覧に臨みましょう。

 


内覧

 

内覧に向けて押さえておきたいコツ

 

内覧は、マンションの売却に大きく関わります。

内覧での印象が悪いと、購入してもらえない可能性もあります。

そのため、内覧に向けて押さえておきたいコツをいくつかご紹介します。

 

*しっかりと掃除しよう

 

内覧では、マンションの細かいところまでチェックされます。

少しでも汚れていると、値下げを交渉されることもあるかもしれません。

そうならないためにも、マンションの内覧の前には、すべての部屋の掃除を徹底しましょう。

特に、キッチンや浴室などの水回りや、玄関は入念にチェックされやすい場所です。

そのため、水垢や油汚れなどは落としておきましょう。

 

*不要なものは処分しましょう

 

内覧で大切なのは、自分の生活を見せるのではなく、部屋の状態を見せることが目的とされます。

そのため、不要なものは片付けて、なるべくシンプルは部屋を見せる努力をしましょう。

内覧される方によっては、収納スペースも見せてほしいう方もいるかもしれません。

そういった場合も想定して、収納スペースも整理整頓しておくことを心がけましょう。

 

 

内覧当日に意識すべきこと

 

内覧当日は、ゆっくりと室内を見てもらうために、いい雰囲気を演出しましょう。

そして、部屋の雰囲気を明るくするためにも、照明の明るさを上げるのもいいでしょう。

何より、話しやすいと思われるような態度を取りましょう。

もし、マンションの購入を決定した場合、買い主はこれからも売り主と何度もコンタクトを取る必要があります。

 

そうなった場合のことも考慮すると、話しやすい相手になっておいた方がいいです。

そして注意すべきは、値下げを要求されたときです。

内覧で、値下げを要求されても、明確な返答をするのは避けましょう。

ここで返答してしまうと、値引きを条件に契約が進んでしまいます。

 

 

まとめ

 

今回は、内覧の時のコツについてご紹介しました。

内覧は、緊張すると思いますが、落ち着いて、冷静に対応しましょう。

大津市のマンションを売却したいとお考えのお客様はいらっしゃいませんか。

当社では、マンション売却のスペシャリストが、皆様のサポートをいたします。


「リースバックの申し込みを検討している!」

「リースバックに必要な書類や、流れを紹介してほしい!」

リースバックを検討している方はいらっしゃいませんか?

リースバックには、必要な書類が数多く存在します。

そこで今回は、リースバックの流れと必要書類についてご紹介します。

 


売却

 

リースバックに必要な書類とは?

 

リースバックには、たくさんの書類が必要です。

それも、リースバックの過程において、それぞれ違う書類が必要です。

リースバックの流れの中で、今回は、申込と審査の時に必要な書類を確認しましょう。

 

*リースバックの不動産に関する書類

 

リースバックをする時、もちろん不動産に関する書類は必要です。

具体的には、その物件の図面や、地積測量図が不動産に関する書類に当てはまります。

しかし、この書類をすべて用意する必要はないでしょう。

多くの場合、リースバックの業者がこれらの書類を用意してくれます。

ですが、書類に関しては、業者によって異なるので、自分で確認しておきましょう。

 

*本人・収入の確認ができる書類

 

本人の確認ができる書類としては、運転免許証や保険証などが最適でしょう。

また、本人確認の書類の他にも、収入の確認ができる書類も必要な場合があります。

その時は、給与明細書などを用意しておきましょう。

 

*納税に関する書類

 

納税に関する書類は、条件によっても異なります。

必ず必要な書類としては、固定資産税の納付書が必要です。

なぜなら、固定資産税の納付が完了していないと、リースバックはできません。

そのため、事前に固定資産税の納付書を用意しておきましょう。

 

 

リースバックの流れとは?

 

まずは、リースバックの業者に、相談するところから始めましょう。

そして、そのまま業者に査定を行ってもらいましょう。

査定が終われば売買価格や家賃について協議の上、ようやく契約という形をとることが可能です。

契約が完了すれば、支払いという流れになります。

その時、ローンが残っている方はローンの完済を行います

 

 

まとめ

 

今回は、リースバックの流れと必要書類についてご紹介しました。

今回の記事では、リースバックに関して分からないことも多いでしょう。

そういった方は、実際に当社まで、ご相談をお申し付けください。

大津市で、マンションに関することなら、ぜひ当社にお任せください。



「リースバックの申し込みを検討している!」

「リースバックに必要な書類や、流れを紹介してほしい!」

リースバックを検討している方はいらっしゃいませんか?

リースバックには、必要な書類が数多く存在します。

そこで今回は、リースバックの流れと必要書類についてご紹介します。

 

 

リースバックに必要な書類とは?

 

リースバックには、たくさんの書類が必要です。

それも、リースバックの過程において、それぞれ違う書類が必要です。

リースバックの流れの中で、今回は、申込と審査の時に必要な書類を確認しましょう。

 

*リースバックの不動産に関する書類

 

リースバックをする時、もちろん不動産に関する書類は必要です。

具体的には、その物件の図面や、地積測量図が不動産に関する書類に当てはまります。

しかし、この書類をすべて用意する必要はないでしょう。

多くの場合、リースバックの業者がこれらの書類を用意してくれます。

ですが、書類に関しては、業者によって異なるので、自分で確認しておきましょう。

 

*本人・収入の確認ができる書類

 

本人の確認ができる書類としては、運転免許証や保険証などが最適でしょう。

また、本人確認の書類の他にも、収入の確認ができる書類も必要な場合があります。

その時は、給与明細書などを用意しておきましょう。

 

*納税に関する書類

 

納税に関する書類は、条件によっても異なります。

必ず必要な書類としては、固定資産税の納付書が必要です。

なぜなら、固定資産税の納付が完了していないと、リースバックはできません。

そのため、事前に固定資産税の納付書を用意しておきましょう。

 

 

リースバックの流れとは?

 

まずは、リースバックの業者に、相談するところから始めましょう。

そして、そのまま業者に査定を行ってもらいましょう。

査定が終われば売買価格や家賃について協議の上、ようやく契約という形をとることが可能です。

契約が完了すれば、支払いという流れになります。

その時、ローンが残っている方はローンの完済を行います

 

 

まとめ

 

今回は、リースバックの流れと必要書類についてご紹介しました。

今回の記事では、リースバックに関して分からないことも多いでしょう。

そういった方は、実際に当社まで、ご相談をお申し付けください。

大津市で、マンションに関することなら、ぜひ当社にお任せください。


転勤になったから、マンションを手放さなければいけないけれど、どうすればいいかがわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。

転勤の場合、持ち家がある方はどうすればいいかわからないとお考えの方は多いです。

そこで今回は、転勤の場合、マンションはどうすればいいのかを解説します。


考える

 

 

転勤の場合にマンションはどうすればいいか

 

転勤を命じられた時に、マンションを所有している場合、どのような選択肢があるのでしょうか。

すぐに思いつくのは売却ですが、その他にさまざまな選択肢があります。

具体的には、売却や賃貸、そのほかにも保持するという選択肢もあります。

それぞれ確認してみましょう。

 

 

それぞれの選択肢のメリット

 

マンションを売却する場合、どのようなメリットがあるでしょうか。

マンションを売却すれば、まとまったお金が入ってきます。

現金でまとまったお金があれば、転勤後も安定して生活できます。

そのため、マンション売却は魅力的です。

 

賃貸や保有にした場合、管理費等を払わなくてはいけません。

しかし、売却した場合、支払わなくて済みます。

 

現金化できる点だけがマンンション売却のメリットでしょうか。

その他にも、維持コストがかからない点や、残してきたマンションに気を使わなくてもいいというメリットがあります。

せっかく転勤するのであれば、新天地で心機一転できた方がいいと考える方も多いです。

 

では、マンションを賃貸に出すメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

その一つには、家賃収入が入ってくるということが挙げられます。

この収入があれば、ローン完済後には安定した収入源になります。

 

では、マンション保有にはどのようなメリットがあるでしょうか。

まずは、戻ってきた時にまた住めるという点が挙げられます。

マンションを買うほど慣れ親しんだ土地であれば、戻りたいと考える方も多いです。

そんな時に、マンションがあれば、安心して帰れます。

 

賃貸に出していても、将来的に戻れますが、なぜ賃貸ではいけないのでしょうか。

賃貸にしている場合、賃貸人の退去が条件になります。

そのため、将来的にマンションに戻る予定がある場合、賃貸よりも保有の方がおすすめです。

 

 

まとめ

 

今回は、転勤の場合、マンションはどうすればいいのかを解説しました。

マンションには売却や賃貸、保有などの選択肢があります。

それぞれにメリットがあるため、自分に何が合っているかを見極めましょう。

また、当社ではマンションの売却や賃貸のお手伝いを行なっています。

マンション売却等でお困りの場合、ぜひ当社でご相談ください。


転勤になったから、マンションを手放さなければいけないけれど、どうすればいいかがわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。

転勤の場合、持ち家がある方はどうすればいいかわからないとお考えの方は多いです。

そこで今回は、転勤の場合、マンションはどうすればいいのかを解説します。


辞令

 

 

転勤の場合にマンションはどうすればいいか

 

転勤を命じられた時に、マンションを所有している場合、どのような選択肢があるのでしょうか。

すぐに思いつくのは売却ですが、その他にさまざまな選択肢があります。

具体的には、売却や賃貸、そのほかにも保持するという選択肢もあります。

それぞれ確認してみましょう。

 

 

それぞれの選択肢のメリット

 

マンションを売却する場合、どのようなメリットがあるでしょうか。

マンションを売却すれば、まとまったお金が入ってきます。

現金でまとまったお金があれば、転勤後も安定して生活できます。

そのため、マンション売却は魅力的です。

 

賃貸や保有にした場合、管理費等を払わなくてはいけません。

しかし、売却した場合、支払わなくて済みます。

 

現金化できる点だけがマンンション売却のメリットでしょうか。

その他にも、維持コストがかからない点や、残してきたマンションに気を使わなくてもいいというメリットがあります。

せっかく転勤するのであれば、新天地で心機一転できた方がいいと考える方も多いです。

 

では、マンションを賃貸に出すメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

その一つには、家賃収入が入ってくるということが挙げられます。

この収入があれば、ローン完済後には安定した収入源になります。

 

では、マンション保有にはどのようなメリットがあるでしょうか。

まずは、戻ってきた時にまた住めるという点が挙げられます。

マンションを買うほど慣れ親しんだ土地であれば、戻りたいと考える方も多いです。

そんな時に、マンションがあれば、安心して帰れます。

 

賃貸に出していても、将来的に戻れますが、なぜ賃貸ではいけないのでしょうか。

賃貸にしている場合、賃貸人の退去が条件になります。

そのため、将来的にマンションに戻る予定がある場合、賃貸よりも保有の方がおすすめです。

 

 

まとめ

 

今回は、転勤の場合、マンションはどうすればいいのかを解説しました。

マンションには売却や賃貸、保有などの選択肢があります。

それぞれにメリットがあるため、自分に何が合っているかを見極めましょう。

また、当社ではマンションの売却や賃貸のお手伝いを行なっています。

マンション売却等でお困りの場合、ぜひ当社でご相談ください。