マンション売却豆知識コラム

大津市の方にマンション売却でよくあるトラブルについて紹介します

「マンションを売却したいけどトラブルが起きないか不安。」
「トラブルに巻き込まれないためにはどうすれば良いか。」
大津市在住でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

マンションの取引では契約後にトラブルが起きる場合も多いです。
今回はマンションの売却で起こるトラブルについて説明します。


トラブル


□マンション売却でよくあるトラブルについて

*瑕疵担保責任のトラブル

瑕疵担保責任とは契約後に瑕疵(物件の欠陥)が見つかった場合に売主が修繕する義務があることです。
瑕疵担保責任は基本的に一年間の期間があり、その間に買主が瑕疵を見つけた時は対応する必要があります。

瑕疵が発見された時、買主が指摘した瑕疵に対して売主が「身に覚えがないから負担しない」と決断した場合にトラブルが発生する可能性があります。
トラブルを防ぐために、下見で買主に物件を見てもらい、隅々まで説明しましょう。

*手付金のトラブルがよくある

買主が契約前に売主に購入を保証するために支払うお金のことを手付金と呼びます。
買主が契約を破棄する場合、手付金は戻ってきません。
これを手付解除と呼びます。

ただし、買主が契約の実行に向かって行動していると、「履行の着手」と判断されます。
履行の着手が認められた場合は手付解除ができず、買主は契約通りの金額を支払うことになります。

この履行の着手に対する認識のずれでトラブルの元になりかねないため、契約書で互いに把握しておきましょう。

□トラブルの防止策について

トラブルを起こさないための対策を紹介します。

1つ目は、専任媒介ではなく、一般媒介契約を結ぶことです。
専任媒介契約は一つの業者のみとの契約で、他の業者との契約ができません。
一方で一般媒介契約は複数の業者と同時に契約できます。

不動産業者は専任媒介をしようとしてきますが、言いくるめられずに「一般媒介契約にします」と主張しましょう。

2つ目は、購入希望者に事実を伝えることです。
売りに出して購入希望者が現れた場合は、ありのままの事実を伝えるようにしましょう。

売りに出すに至った事情や、暮らしている中での問題など伝えておくと後で「言われていない」とクレームをつけられることもありません。

3つ目は、クレーマーの気質がある人には売らないことです。
なかなか売れないと思っていたところに購入希望者が現れると嬉しくてすぐに売りたくなりますが、将来的に揉める可能性があるような人に売らない方が良いでしょう。

本来は問題ないような部分にもケチをつけてくることもあり、後々大変です。
判断基準として、値引きや過剰なサービスを求めてくるような人が挙げられます。
このような人に対しては、「他の方に売ります。」と断りを入れましょう。


□まとめ

今回はマンションの売却で起こるトラブルについて説明しました。
瑕疵担保責任や手付金でトラブルが起こる可能性があります。

買主とトラブルを起こさないために、購入希望者に配慮しつつも主張すべきところで妥協しないようにしましょう。
大津市でマンションの売却を検討している方は、お気軽にご相談ください。