マンション売却豆知識コラム

大津市でマンション売却をしたい方に買取の手続きについて紹介

マンション売却を考えている方で買取を検討している方はいらっしゃいませんか。
買取は時間をかけずに手元に現金が手に入るので良いですよね。
しかし、どういった手続きがあるのかご存知でしょうか。
そこで、今回は買取の手続きについてご紹介します。


手続き

□買取の手続きの流れとは

買取の手続きの流れは6工程存在します。

まず、最初に事前準備をします。
この事前準備を飛ばしてしまうと、手続きがスムーズに進みません。

手続きをスムーズに進めるために、査定に必要な書類の準備と査定額の相場の調査は事前に行っておきましょう。

事前の準備が終わると次は業者に査定を依頼していきます。
査定には机上査定と訪問査定の2種類存在することをご存知でしょうか。

机上査定は築年数や間取りなどの情報からだいたいの査定額を算出する方法です。
それに対して、訪問査定は業者の方が実際に物件を訪問して行う査定方法です。

訪問査定の方が机上査定よりも正確に査定額を知れるので、なるべく訪問査定で査定を頼んでください。
そうすることで、後々訪問査定にしておけばよかったということもないでしょう。

査定依頼の次は買取価格を業者に提示してもらいます。
しかし、この時に提示してもらう価格で売れるというわけではありません。
実際には、査定額よりも高くなったり、低くなったりする可能性もあるので注意しましょう。

そして次に、打ち合わせを行っていきます。
この打ち合わせでは売買のスケジュールや物件引き渡しの時の条件などについて話し合います。

打ち合わせと聞いて、「めんどくさそうだな」と思った方はいらっしゃいませんか。
しかし、買取の場合は業者と直接やり取りを行うので、自分の都合に合わせたスケジュールを立てられます。
そのため、スケジュールで悩むことはないでしょう。

打ち合わせが終わり、買取価格に合意すると、売買契約を結んでいきます。
この時には、疑問に思っていること、わからないことは全て解消して、スムーズに契約を結べるようにしておきましょう。

そして、最後に残代金を受領して、物件を引き渡します。
引き渡しの期日までに、抵当権抹消の手続き、引っ越しの手続き、引っ越しの荷造りなどは余裕をもって済ませておきましょう。

買取は仲介よりも売却までの期間が短縮される分、少し忙しくなる可能性があります。
そのため、業者との相談を重ねて、スムーズに準備を進めていきましょう。

□マンションの買取にかかる費用とは

マンションの買取には大きく分けて4つの費用が必要です。
以下で、詳しくご紹介します。

1つ目が印紙代です。
印紙代は契約金額によって、金額が違ってくるので注意しましょう。
詳しくは国税庁のホームページに掲載されているので確認してください。

2つ目が登記費用です。
引渡しの時には所有権移転登記を買主が行うことが一般的です。
所有権移転のための手続き費用が必要になります。


3つ目が住宅ローンの繰り上げ返済に必要な費用です。
こちらの費用は利用している金融機関や契約の内容によって違います。
だいたい数千円から2万円前後と言われているので、目安にしてください。

4つ目が譲渡所得にかかる税金です。
物件が購入した時の金額よりも高く売れた場合には譲渡所得が発生したと認識され、所得税や住民税などの税金がかかります。
3000万円の特別控除などを利用し、譲渡所得の減税を受けることができる場合もあります。
所得税や住民税は物件をどれだけ所有していたのかや居住の有無によって、税率が変動するので注意してください。

□まとめ

今回は買取の手続きや買取にかかる費用についてご紹介しました。
買取は売却までの期間がかかりませんが、その分忙しくなる場合もあるので早めに準備しておきましょう。
買取を検討している方はぜひ当社にご相談ください。