マンション売却豆知識コラム

大津市でマンション売却を考えている方に業者の選び方をご紹介!

「マンション売却を考えているけど、業者の選び方がわからない」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
確かに、マンション売却を経験したことがある方は少なく、初めてのことで少し不安になりますよね。
そこで、今回はマンション売却の業者の選び方についてご紹介します。


業者選び

□信頼できる不動産売却業者を選ぶときのポイント

今回は不動産業者が信頼できるかどうか判断するポイントを3つ紹介します。

1つ目のポイントが行政処分情報や免許番号を確認することです。
行政処分を受けたことがある業者が、信頼できない業者というわけではありません。
しかし、不動産業者を比較するときの基準になるでしょう。

ネガティブ情報等検索システムというサイトを利用することで調べられるので1度試してみてください。

また、免許番号を調べることで宅地建物取引業の免許の有無をチェックできます。
例えば、免許番号が「東京都知事(1)第○○○○○号」と書いてあるとします。
この時に東京都知事の後に書かれているカッコ内の数字に注目してください。

この数字は免許の更新回数を示しており、数字が大きいほど歴史の深い業者ということになります。

2つ目のポイントが机上査定の対応が良いかどうかの確認です。
査定の対応は購入を検討している方への対応と同じと考えましょう。
そのため、査定のときにはスピード、丁寧さ、正確さといったところをチェックしてください。

査定の対応が良い業者だと、不動産の買い手も早く見つかるかもしれません。

3つ目のポイントが販売実績の確認です。
特に、直近のものを確認してください。
直近の販売実績がある業者だと、顧客が既に存在している可能性や、売却をするためのノウハウがたまっている可能性が高いです。

そのため、なるべく直近の販売実績がある業者に依頼すると良いでしょう。

□不動産売却業者を選ぶときの注意点

不動産売却業者を選ぶときの注意点は大きく分けて3つあります。

1つ目の注意点が専任媒介契約しか提案しない業者です。
媒介契約に「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類あるのをご存知でしょうか。
このうち、専任媒介契約と専属専任媒介契約は契約すると、他の業者に重複して依頼できなくなります。

いくつかの業者に依頼できる「一般媒介契約」についても検討されるべきです。

2つ目の注意点は仲介手数料です。
仲介手数料が業者によって違ってくることをご存知でしょうか。
しかし、手数料が安いから良いというわけではありません。
また仲介手数料以外のサービス、たとえばハウスクリーニング等を受けることができる場合があります。
そのため、どのようなサポート体制がしかれているのかなどを比較しながら選びましょう。

3つ目の注意点が比較検討をするということです。
1つの業者のみに絞ってしまうと、信頼できる業者に出会えないかもしれません。

また、査定を比較できないので相場も理解できないでしょう。
そのため、なるべく2社以上の業者に査定を依頼して比較してください。

□まとめ

今回はマンション売却業者を選ぶときのポイントや注意点についてご紹介しました。
信頼できる業者には実績があり、対応も良いことが多いです。
今回の記事を参考にマンション売却を進めてみてください。