マンション売却豆知識コラム

大津市でマンションの売却を考えている方必見!リフォームが不要な理由を解説

「マンションの売却を考えているが、リフォームするべきか悩んでいる」
このように、マンションの売却でリフォームが必要か悩んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか?
リフォームするには、費用がかかるので慎重に考えたいですよね。
そこで今回は、マンションの売却におけるリフォームについて解説します。

リフォーム


□マンションを売却する時リフォームしない方が良い?

マンションの売却で悩まされるポイントの一つに「リフォームするべきか」ということが挙げられるでしょう。
なぜなら、マンションの売却では、リフォームすることによって損する可能性が高いからです。
確かに、リフォームすることによって、内覧者に良い印象を与えられるかもしれません。
また、マンションの売却価格にも期待ができそうですよね。
しかし、実際のところ、小規模なリフォームではプラスになることは少ないのです。
実は、マンションの価値は、内装ではなく築年数が重視されます。
内装はリフォームすることによって綺麗な状態にできますが、建物自体は変えることができません。
よって、築年数が新しいマンションの方が、長く安心して住めることから価値が高くなりやすいのです。
そして、マンションの購入希望者の多くは、リフォームを前提としているので内装の状態は売却に大きく影響するものではありません。
これらのことを考えると、費用をかけてリスクをとるより、リフォームをしない方が賢明と言えるでしょう。
とはいっても、例外として、マンションの売却でリフォームが効果的な場合もあります。


□マンションの売却でリフォームが効果的な場合とは?

基本的には、マンションの売却でリフォームはおすすめしませんが、次のような場合には効果的です。

*傷や汚れの補修

傷や汚れの補修は、費用をかけずにホームセンターなどで売っている補修キットで簡単に行うことができます。
やはり、できるだけ傷や汚れがない方が印象は良くなるでしょう。

*費用が安く済むリフォーム

マンションの売却前にリフォームをすると、その分の費用を回収できず損することが多いです。
しかし、費用が安く済むリフォームであれば、損することなく、少しでも内覧者に良い印象を与えることができるでしょう。
もし、リフォームを前提に購入する場合でも、綺麗な状態の方が印象は良くなるものです。


□まとめ

マンションの売却では、リフォームすることにより損する可能性が高いです。
そのため、「傷や汚れの補修」や「費用が安く済むリフォーム」以外の大掛かりなリフォームはおすすめできません。
また、当社は、地域密着型の不動産会社でリフォームもいたしております。
大津市でマンションの売却をお考えでしたら、豊富な情報でサポートさせて頂きます。