マンション売却豆知識コラム

マンションの売却は名義変更が必要?大津市の専門業者が期間など含めてお答えします

「マンションを売却する時は、名義変更が必要になるのだろうか」
やはり、マンションの売却において、名義変更が必要なのかは悩まされるポイントの一つになるのではないでしょうか?
そこで今回は、マンションの売却は名義変更が必要になるのかについて、大津市の専門業者が期間などを踏まえてお答えします。

名義変更


□マンションの売却には名義変更が必要?

そもそも、マンションなどの不動産には、名義というものが付いています。
名義とは、誰の所有物なのかを示すものです。
つまり、売主から買主へと所有物が移転するマンションの売却では、名義変更をしっかりと行う必要があるのです。
また、売却後だけでなく、売却前の名義変更の確認もしておくと安心できるでしょう。
なぜなら、名義に誤りがあれば、売却を行うことができないからです。
実際に、相続されたマンションの売却では、名義変更を忘れてしまうケースが多いです。
それは、マンションなどの不動産の名義変更を行うタイミングについて明確なルールがないことが大きな原因と言われています。
では、いつ名義変更を行うべきなのか、そして期間はどれくらい必要になるのでしょうか?


□名義変更するタイミングや期間とは?

前述したように、マンションなどの不動産の名義変更には、タイミングが決められていません。
また、名義が違う場合でも、特に問題なく住むことができるので、そのまま気付かないことも多いです。
本題に戻りまして、名義変更するタイミングと期間についてご説明します。
マンションの売却での名義変更するタイミングは、売主から買主へ「引き渡し」が行われる時です。
引き渡しが行われる前の段階として、売買契約を行いますが、ここでは所有物が移転するわけではありません。
実際に、所有物が移転するのは、引き渡しの当日です。
そして、当日、司法書士の方が法務局に出向き、名義変更をするための所有権移転の登記申請を行います。
名義変更が完了する期間は、1~2週間ほどと考えておきましょう。
以上が、名義変更のタイミングと期間です。
そもそも、マンションに名義が登録されていることを知らなかったという方もいらっしゃると思います。
後々のトラブルを防ぐためにも、事前に確認をしておくと良いでしょう。


□まとめ

マンションを売却する時には、名義変更が必要です。
そのタイミングは、引き渡しの段階であり、期間は1~2週間ほどかかります。
当社では、マンション売却に関する専門知識から税務、法律までを習得し、あらゆる場面でサポートさせていただいています。
何かお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。