マンション売却豆知識コラム

残りローンのあるマンションは売却可能なのか?大津市の専門家がお答えします

「残りローンがある状態で、マンションは売却できるの?」

残りローンがある状況で、マンションを売却したいとお考えですか?

そういった方は、残りローンがあっても、マンションは売却できるのか気になりますよね?

そこで今回は、残りローンがある場合の、マンション売却についてご紹介します。

 


マンション売却

 

現在のローンとマンション売却について

 

「ローンの返済は残っているが、マンションを売却したい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、ローンの返済が完了していなくても、マンションを他の方に売ることは可能です。

しかし、ローンが残ったまま、マンションを売却する時、重要なポイントがあります。

 

それは、ローンの返済額と、マンション売却の代金を比べることです。

つまり、マンション売却で生じた資金を、ローンの返済に回すことができれば、マンションの売却は成立するでしょう。

マンションを購入された方の多くは、購入時にローンを組んで購入されていると思います。

 

そのため、ローンが残っているなら、まずはマンション売却が完了した時に得られる金額を確認しましょう。

そして、ローンの返済額と比較して、実現可能かを判断しましょう。

 

 

ローンが残っているマンションを売却する時の注意点

 

ローンが残ったままのマンションを売却には、いくつかの注意点があります。

次は、その注意点について確認してきましょう。

 

*ダブルローンはしない

 

マンションがまだ売却できていない状態のまま、新しいローンを組んで住宅を購入される方もいらっしゃいます。

それは、いわゆるダブルローンと言われ、2つのローンの期間が重なっている状態を表します。

しかし、これはおすすめできません。

 

なぜなら、マンションの売却価格は、変動するので、予想している金額で売却できるかは分からないからです。

そのため、しっかりとマンションの分のローンを支払ってから、新しいローンを組みましょう。

 

*売却費用を把握しておきましょう

 

マンションを売却するためにも、さまざまな費用がかかります。

一般的には、業者に対する仲介手数料や、登記費用などの税金が挙げられます。

これらの費用を考えずに、計画を進めると、予算が合わなくなってしまうこともあります。

そのため、事前に必要な費用は把握しておきましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、ローンが残っている場合の、マンション売却に関してご紹介しました。

ローンを返済していなくても、マンションを売却することは可能ですが、十分に注意しながらプランを考えましょう。

1人ではどうしたらいいか分からないという方は、ぜひ当社をご利用ください。

マンション売却のプロが、皆様を応援いたします。