マンション売却豆知識コラム

転勤になったらマンションは売却?賃貸?大津市の方の気になるお悩みを解決!

転勤になったから、マンションを手放さなければいけないけれど、どうすればいいかがわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。

転勤の場合、持ち家がある方はどうすればいいかわからないとお考えの方は多いです。

そこで今回は、転勤の場合、マンションはどうすればいいのかを解説します。


辞令

 

 

転勤の場合にマンションはどうすればいいか

 

転勤を命じられた時に、マンションを所有している場合、どのような選択肢があるのでしょうか。

すぐに思いつくのは売却ですが、その他にさまざまな選択肢があります。

具体的には、売却や賃貸、そのほかにも保持するという選択肢もあります。

それぞれ確認してみましょう。

 

 

それぞれの選択肢のメリット

 

マンションを売却する場合、どのようなメリットがあるでしょうか。

マンションを売却すれば、まとまったお金が入ってきます。

現金でまとまったお金があれば、転勤後も安定して生活できます。

そのため、マンション売却は魅力的です。

 

賃貸や保有にした場合、管理費等を払わなくてはいけません。

しかし、売却した場合、支払わなくて済みます。

 

現金化できる点だけがマンンション売却のメリットでしょうか。

その他にも、維持コストがかからない点や、残してきたマンションに気を使わなくてもいいというメリットがあります。

せっかく転勤するのであれば、新天地で心機一転できた方がいいと考える方も多いです。

 

では、マンションを賃貸に出すメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

その一つには、家賃収入が入ってくるということが挙げられます。

この収入があれば、ローン完済後には安定した収入源になります。

 

では、マンション保有にはどのようなメリットがあるでしょうか。

まずは、戻ってきた時にまた住めるという点が挙げられます。

マンションを買うほど慣れ親しんだ土地であれば、戻りたいと考える方も多いです。

そんな時に、マンションがあれば、安心して帰れます。

 

賃貸に出していても、将来的に戻れますが、なぜ賃貸ではいけないのでしょうか。

賃貸にしている場合、賃貸人の退去が条件になります。

そのため、将来的にマンションに戻る予定がある場合、賃貸よりも保有の方がおすすめです。

 

 

まとめ

 

今回は、転勤の場合、マンションはどうすればいいのかを解説しました。

マンションには売却や賃貸、保有などの選択肢があります。

それぞれにメリットがあるため、自分に何が合っているかを見極めましょう。

また、当社ではマンションの売却や賃貸のお手伝いを行なっています。

マンション売却等でお困りの場合、ぜひ当社でご相談ください。