マンション売却豆知識コラム

大津市で引越しをお考えの方へ!マンション売却のメリットを解説します!

マンションを売却したいと考えているけれど、メリットがわからないという方はいらっしゃいませんか。
マンション売却すると、さまざまなメリットがあります。
メリットを把握して、マンションの売却に前向きに取り組みましょう。
そこで今回はマンション売却のメリットを解説します。

メリット

□居住用マンションを売却する時のメリット

売却するマンションには、居住用マンションと投資用マンションの2つの種類があります。
それぞれに異なったメリットがあります。
まずは、居住用マンションのメリットについて紹介しましょう。

マンションを売却して引っ越す場合には、引っ越しの必要経費を補填できるというメリットがあります。
マンション売却が成功すれば、経済的に楽に引っ越しができます。

マンションは売却すれば現金化できます。
資産を不動産として所有していると、融通が効きにくいです。
一軒家であれば、更地にして活用もできますが、マンションを更地にするのは容易ではないため、おすすめできません。
そのため、マンションは現金化してしまうのがおすすめです。

また、居住用マンションを売却すれば、税負担を軽減できるというメリットがあります。
マンションを持っている場合、管理費積立金や固定資産税・都市計画税を支払わなければいけません。
しかし、売却してしまえばこれらは支払わなくて良くなります。
もう住まないのであれば、売却してしまいましょう。


□投資用マンションを売却する時のメリット

マンションを投資用に所有しているという方もいらっしゃいます。
しかし投資は難しいため、長期的にみて利益が出ているか確認するのが難しいという場合もあります。
損が出ていると感じている場合は、投資用マンションは売却してしまいましょう。

投資用マンションは売却すれば、リスクを回避し、購入資金を回収できます。
人気でない物件を所有していても、維持費がかかる一方で利益は出ません。
そうなると、損が大きくなってしまいます。

利益が得られていないと感じた場合は、早急に売却してしまいましょう。
そして、その資金を元に新しく投資用不動産を購入すれば、将来的には利益が生まれやすいです。


□まとめ

今回はマンション売却のメリットを解説しました。
マンション売却には、現金化ができたり、リスクが回避できたりとさまざまなメリットがありました。
当社ではマンションの売却仲介や買取を行っています。
マンションの売却にメリットがあると感じた場合は、ぜひ当社にご相談ください。