マンション売却豆知識コラム

大津市で不動産売却!マンションを売却するときにエアコンは外すべき?

マンションを売却したいけれど、エアコンは取り外すべきかが分からないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。
マンションを売却する時には、家具は全て撤去してから売却します。
エアコンは取り外しが困難なため、取り外すべきかお悩みの方は多いです。
今回は、マンションを売却する時にエアコンを外すべきかを解説します。

エアコン

□エアコンは不動産売買の対象外

エアコンは不動産売買の対象外です。
なぜなら、エアコンは不動産に含まれず、造作物に含まれるためです。
エアコンは壁についているため不動産と考える方もいらっしゃいますが、不動産には含まれないため注意しましょう。

造作物とは、建物の内部を構成する設備のことです。
エアコンの他に、照明器具もこれに当たります。

造作物の中でも、エアコンは取り外しができます。
そのため、売却対象から除外されるため、把握しておきましょう。
空調や照明はマンションを購入してから買い換えたいと考える方も多いです。

またエアコンは、他の家具と同様に引越し先でも使用できます。
そのため、引越し後に買い換える予定がない場合は、引越し先まで持っていくことがおすすめです。


□エアコンを残していく場合

エアコンをマンションに残しておきたいとお考えの方もいらっしゃいます。
そのような場合、勝手に残していってもいいのでしょうか。

残していく場合には、買主と同意しなければいけません。
判断自体は、売主ができます。
しかし、勝手に知らないものを残されていると、いらないものまで買わされたと感じる方もいらっしゃいます。
そのため、買主と話し合いで同意を得てから判断しましょう。

また、設備を残していく場合、不動産会社にも報告しなければいけません。
不動産会社は、買主側にむけて設備表を作成します。
この設備表は、どのような設備がマンションに残っているかを示すための表です。

設備表には、エアコンの他にも照明やカーテンやアンテナなどが記載されるため、把握しておきましょう。
設備表には、設備の状態も記載されます。
設備に動作不良がある場合、設備表で明確化します。


□まとめ

今回は、マンションを売却する時にエアコンを外すべきかを解説しました。
不動産売却の時にエアコンを残していくかは、は買主の同意を得てから決めましょう。
当社ではマンション売却のお手伝いを行なっております。
エアコンの悩みなどにも真摯に対応しますので、ぜひご相談ください。