マンション売却豆知識コラム

共有名義のマンションを売却する方法とは?大津市でお悩みの方へ!

共有名義のマンションを売却する際に、どのようにすればいいかわからないとお考えの方はいらっしゃいませんか。
売却が難しい場合もあるため、気をつけなければいけません。
今回は、共有名義のマンションを売却する方法について解説します。

名義

□共有名義のマンションの売却が難しい場合

マンションを共有名義で保有しているという方は多いです。
夫婦が共有名義で保有している場合や、遺産相続によって兄弟で共有している場合があります。
その場合、誰か一人の意見だけでは売却できません。

共有名義で保有しているマンションは、名義人全員の意思疎通ができていて、契約時にはすぐに駆けつけられる環境であれば、売却は簡単です。
しかし、そうでない場合もあります。

名義人同士が連絡を取りにくい状況にある場合、マンションの売却は困難になる場合もあります。
例えば、離婚や相続の場合です。

名義人同士が夫婦で離婚してしまった場合、お互いに連絡が取りにくく、売却がスムーズに進みません。
また相続されたマンションの場合も同じく、兄弟仲が悪かったり、兄弟のうち一人が遠方に住んでいたりする場合、売却は困難です。


□共有名義のマンションを売却する方法

さまざまな理由で、売却が困難な場合がありました。
どうすれば売却がスムーズにできるのでしょうか。
共有名義のマンションを売却する場合、大きく分けて2つの方法があります。
それぞれについて具体的に解説します。

まずは、全員が売却に同意して売却する場合です。
おそらくこれを一番に思いつく方も多いのではないでしょうか。
この方法が一番シンプルです。

全員が同じ方向を向いていれば、売却は簡単にできます。
しかし、上記のように名義人同士で連絡が取れない場合などは、この方法での売却は困難です。

また、共有名義をなくして売却するという方法もあります。
共有名義人の一人が、他の人から権利を譲り受けることで名義が共有ではなくなります。
しかし、この方法をとる場合は贈与税が発生するため、注意しましょう。

名義人が一人になれば、意思決定のスピードが上がり、売却の効率が上がります。
そのため、名義人同士で連絡できる場合でも、意思決定は一人の方が都合がいい場合は、この方法を取り、後から売り上げを分配するという方法をとることもあります。


□まとめ

今回は、共有名義のマンションを売却する方法について解説しました。
共有名義のマンションは2つの方法で売却できるため、いずれかの方法で売却しましょう。
当社はマンションの売却もお手伝いしております。
共有名義のマンションでお困りの時は、ぜひご相談ください。