マンション売却豆知識コラム

仲介?買取?マンションを売却する方法の種類を解説します!

「マンションの売却をしたいが、方法の種類が多すぎて悩む」
このような方はいらっしゃいませんか?
マンションの売却には大きく二つの種類があり、さらにその中で細かく分かれています。
売却前に方法の種類について把握しておきたいですよね。
そこで今回はマンションの売却方法の種類についてご紹介します。

マンション

□マンションの売却方法

マンションの売却方法は大きく分けると買取と仲介に分かれます。
また、仲介は契約方法によって3つの方法に分かれます。
それぞれの方法について詳しく解説します。

*買取

買取は、個人相手ではなく、不動産会社に対してマンションを売却する方法です。
個人相手ではないので、買い手がつくのを待つ必要がありません。
早さが魅力ですが、価格は場合によっては低くなることもあります。


*専属専任媒介契約の仲介

仲介は、不動産会社が仲介に入って広告を出すなどして、個人の買い手を見つける方法です。
買い手がつくまで、ずっと売りに出しています。
専属専任媒介契約は、仲介の契約の仕方の一つです。
不動産会社を一つにしぼり、そこだけに仲介を依頼します。
期限は三ヶ月までで、それまでに売買契約が結べないと破談になります。
週に一度の状況報告の義務があり、期限もあるので不動産会社は力を入れて買い手を探そうとします。
そのため比較的早く買い手が見つかりやすいです。

*専任媒介契約

専任媒介契約も仲介の契約のやり方の一つです。
不動産会社を一つにしぼり、契約するところは専属専任媒介契約と同じです。
しかし、こちらは、不動産会社に頼らずに自分で買い手を見つけられます。
制約は専属専任媒介契約の方が厳しいですが、自力で探せるので、自分で見つけられることを前提に契約することが多いようです。
ここに譲っても良いと考える買い手が見つかっているが、さらに高く売りたい場合に不動産会社を頼るなどの例があります。

*一般媒介契約

一般媒介契約は制約がなく、自由に仲介を依頼できる契約で、仲介の契約方法の一つです。
会社を一つにしぼる必要もないですし、自分で見つけることに制限もありません。
上の二つは制約があるため不動産会社も力を入れますが、こちらはどうしても優先順位が低くなってしまいます。
そのため売れるまで時間がかかる傾向があります。


□まとめ

今回はマンションの売却方法についてご紹介しました。
当社ではマンションの売却に関するご相談を随時受け付けております。
不動産のプロが、誠心誠意お客様をバックアップいたします。
興味がある方は、ぜひ一度当社までご連絡ください。