マンション売却豆知識コラム

マンション売却をお考えのあなたへ!買取と仲介での売却の違いは?徹底解説!

「マンションの売却方法が分からない」
「仲介と買取の違いが気になる」
「自分に合った売却方法が知りたい」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
実はマンションを売却する方法は1つではなく、個人それぞれの状況や希望によって、最適な方法が異なります。
そこで今回はマンションの売却を考えている方へ向けて、主な売却方法である買取と仲介の違いについて詳しく解説します。
それぞれのメリットについてもご紹介しますので、マンションの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

契約

□マンション売却の方法は?

不動産の売却方法を大きく分けると、個人の買主を探す方法と、不動産会社などの買取業者へ買取を依頼する方法があります。
さらに前者は、自分で買主を探す方法と、業者を通して買主を探してもらう方法に分けられます。
ただし、自分で買主を探す方法はかなりの手間と時間がかかるため、あまり一般的ではありません。


□買取と仲介の違いは?

買取とは、買取業者に不動産を買い取ってもらう方法です。
買取はさらに、即時買取と買取保証の二つに分類できます。 
前者は、売却したい物件をすぐに業者に買取してもらう方法です。
後者は、仲介で売れなかった不動産を業者に買い取ってもらう方法です。
ちなみに買取保証の場合は、事前に業者との間で買取価格と時期を定めておく必要があります。

一方仲介とは、不動産業者を通して個人の買主を探す方法です。
このように買取では主に不動産会社、仲介では個人客とそもそも買主が異なります。
それに伴い、かかる期間や売却価格、仲介手数料の有無がそれぞれ違います。


□買取と仲介での売却のそれぞれのメリットは?

*買取のメリット

必要な手続きは買取業者との売買契約のみなので、短い期間で全ての手続きを終えられます。
そのため、できるだけ早く現金を手に入れたいという方にはおすすめです。
不動産会社に買取してもらえばその不動産の修復義務もなくなるので、買取後に買主から修復を求められることもありません。
さらに買取なら仲介手数料も不要です。
これらも大きなメリットと言えるでしょう。
ただし、個人の買主に渡る前に必要なリフォーム費や業者の利益が上乗せされます。
不動産の状況によっても左右されますが、おおまかな金額を知りたい方は、不動産会社に買取の場合と仲介の場合の査定額の見積もりを依頼し、比較してみても良いかもしれません。

*仲介で売却するメリット

相場価格での売却が期待できることが最大のメリットと言えます。
ただし、業者に対しては仲介手数料を支払わなくてはなりません。
また、仲介業者が個人の買主を探すところから始める必要があるため、売却完了までの時間が比較的長くかかることも頭に入れておきましょう。
引き渡しまでにかかる期間は最低でも2〜3ヶ月が目安と言われています。


□まとめ

今回は、マンションを売却する方法である買取と仲介での売却の違いについてご紹介しました。
買取と仲介での売却のどちらかがより良いということはありません。
メリットを慎重に比較し、どちらの方法がより自分に合っているかを元に判断することがマンションの売却を成功させるポイントです。
一人では決められないという方は、一度プロの不動産業者へ相談してみると、的確なアドバイスが受けられるかもしれません。