マンション売却豆知識コラム

マンションの売却には消費税がかかる?売却で発生する費用を解説!

「マンションの売却を依頼したいけど税金が気になる」
「マンションの売却に消費税がかかるのか知りたい」
「消費税が加算される条件を把握しておきたい」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
不動産取引は金額が大きいため、それに伴う消費税の額も必然的に大きくなります。
マンションの売却をするなら、絶対に損をしたくないと考えるのは当然です。
消費税がかかるものとかからないものをしっかりと把握しておけば、売却時の不安も減らせます。
そこで今回は、マンションの売却で発生する消費税について詳しくご紹介します。 

消費税

□不動産取引の消費税

*建物の売却は課税

土地の売却は原則として非課税対象です。
しかし、個人同士での取引は非課税と一般的には解釈されています。
ただし、個人間の取引であったとしても課税されることがあります。
具体的に言うと、課税の対象となる取引による売上が1000万円を超えている場合です。
この場合は、基本的に個人でも課税事業者と見なされるので、消費税がかかります。

*土地の売却は非課税

土地の売却については個人、事業者関係なく消費税はかかりません。
土地は消費されるものではなく、持ち主が変わるのは単に権利が移転しただけだと捉えられるためです。
また、庭の木や塀といった土地の定着物も土地とともに非課税の対象とされます。


□マンションの売却で発生する消費税

個人間の取引に仲介業者を利用する場合は、仲介手数料が必要です。
仲介手数料には消費税が加算されるので注意しましょう。
ほかにも、事業者が行う建物の売買・司法書士への手数料・融資手続きの手数料には消費税がかかります。
ちなみに、この中で特に金額が大きいのは不動産会社に支払う仲介手数料です。
これは、売却価格が400万円を超える場合、売却価格に3パーセントを掛けた値に6万円を足した額が上限と定められています。
この額に消費税を加えたものが仲介手数料として請求されます。


□マンション売却の消費税に関する注意点

不動産価格は税込み価格で表示されるのが一般的です。
その一方で、仲介手数料は税抜き価格に対して掛けられます。
金額が想定と違って慌てることがないよう、頭に入れておくと安心です。
売却契約を結ぶ時にも、金額が合っているかは必ず確認しましょう。


□まとめ

今回は、マンションの売却で発生する消費税についてご紹介しました。
基本的に、個人間の取引なら土地と建物は非課税、仲介手数料は課税対象と覚えておくと役に立ちます。
不安な方は、プロの不動産会社に相談してみると良いかもしれません。
消費税がかかるものとかからないものを把握して、ご自身が納得したうえでマンション売却を依頼してくださいね。