マンション売却豆知識コラム

相続したマンションの売却はどうなる?注意すべきポイントもご紹介!

「相続予定のマンションの売却を考えている」
「相続したマンションの売却方法が知りたい」
「マンションの売却で注意すべきポイントが気になる」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
マンションを相続した場合はもちろん、相続する予定の場合も、あらかじめ売却方法について知っておくといざという時に安心です。
そこで今回は、相続したマンションの売却方法と注意すべきポイントについてご紹介します。
相続関係のマンション売却で悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

マンション売却

□相続したマンションの売却方法

不動産の売却方法を大きく分けると、個人の買主を探す方法と、不動産会社などの買取業者へ買取を依頼する方法の二つがあります。
それぞれにメリットがありますが、相続した不動産の場合は、買取業者へ売却するのが一般的です。
なぜなら、個人向けで売却する場合、購入希望者を探すのに時間がかかる、個人の方向けにリフォームなどの手直しが必要になる、という懸念があるためです。
相続の場合、不動産はかなりの築年数が経過している場合が多く、建物が使えないこともあります。
買取業者に依頼すれば現状で引き渡しができるため、相続人の負担が少なくて済みます。
さらに、業者に買取してもらえば、後日買主から欠陥を修理しろと請求を受ける可能性もなく、引き渡し時点で区切りをつけられます。
これも買取業者に依頼するメリットです。


□相続が関わるマンション売却で注意すべき点

*相続発生前にマンションの売却をする場合

相続発生前にマンションの売却をする場合は、相続発生後の遺産分割協議でマンションの分割方法で争うのを避けられます。
これは一つのメリットですが、相続税には注意が必要です。
マンションの場合の相続税は、時価ではなく、土地は路線価、建物は固定資産税評価額で決定されます。
時価よりも低くなる場合が多いです。
現金の場合は、金額そのものに相続税がかかるので、マンションと比べると割高となります。

*相続登記未完了でマンションの売却をする場合

(登記とは、物事の権利関係を社会に公示するための制度です)
遺産分割協議が終了していない場合でも相続人全員の同意があれば、マンションの売却は可能です。
ただし、相続したマンションの場合は、所有者の名義が正しく変更登記されているか必ず確認しましょう。
所有者の名義が被相続人のままだと、買主への移転登記ができません。


□まとめ

今回は、相続したマンションの売却方法と、売却のときの注意点についてご紹介しました。
相続したマンションを誰に買取してもらうか、どのタイミングで売却をするのかは重大な決断です。
自分一人では不安という方は一度不動産会社へ相談してみると良いかもしれません。
注意点について把握したうえで、納得のいくマンション売却をしてくださいね。