マンション売却豆知識コラム

マンション売却の必要書類に注意!不備なく提出しましょう!

「不動産売却する場合は書類が多いって本当?」
「マンション売却時の必要書類を教えて欲しい!」
 このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
 不動産取引では、媒介契約・売買契約・決済日にかけて必要書類があります。
必要書類が不足している場合は、マンション取引ができないかもしれません。
売却時の必要書類を把握して、マンションの売却をスムーズに進めたいですよね。
今回はそんな方向けに「マンション売却の必要書類」について詳しく解説します。
 

必要書類
 
□媒介契約までに必要な書類

・登記済権利書
・課税明細書
・マンションの管理規約 
・本人確認書類(免許証等)

マンションの売買が決まったら、不動産業者と媒介契約を結びます。
特に、マンション売却の場合、特有の管理規約が必要になるでしょう。
マンション売却を検討している方は、上記の書類の有無を確認してください。


□売買契約に必要な書類

・本人確認書類(免許証等)
・実印と印鑑証明書(場合によっては不要)
・登記済権利書(登記識別情報)
・収入印紙
・固定資産税納税通知書
・固定資産公課証明書(場合によっては不要)

売買契約では、買い手に必要書類を確認してもらうのが目的です。
実際に、所有権移転が伴う引き渡しは、決済日にします。
一方で、書類を揃えられない場合や取得に時間がかかる場合は、事前に担当者へ連絡をしておきましょう。


□決済日に必要な書類

・実印と印鑑証明書
・住民票、戸籍の附票(現住所が登記上の住所と異なる場合)
・銀行届出印(住宅ローン未完済の場合)
・住宅ローン一括返済の書類(住宅ローン未完済の場合)
・登記済権利書または登記識別情報
・銀行口座の通帳(入金先確認のため)

決済日に書類の不備があると、売買代金の授受や引き渡しができない恐れがあります。
担当者から必要書類を書面でもらい、抜け・漏れのチェックをしましょう。
また、住宅ローンの返済がある方は、早めに金融機関へ依頼してください。
金融機関の手続きは、早急に対応できず、時間がかかることもあります。
事前準備を万端にして、スムーズにマンション売却できるといいですね。


□確定申告の必要書類を揃えておく

確定申告の必要書類が不足している場合、ペナルティの追加課税として税金を多く支払う可能性があります。
紛失した方は、仲介業者や不動産会社に、必要書類コピーの有無を確認しましょう。


□まとめ

今回は「マンション売却時の必要書類」について詳しく解説しました。
不動産取引の必要書類は多いのが特徴ですが、ほとんど自分で揃えられます。
特に、申請して取得する書類は、余裕を持って準備しておきましょう。
必要書類を揃えて、スムーズにマンション売却が進むといいですね。
ご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
当社の経験豊富なスタッフがマンション売却に関して全力でサポートいたします。