マンション売却豆知識コラム

マンション売却の確定申告はお手軽にできる?ポイントをお伝えします!

「マンション売却の確定申告について知りたい!」
「確定申告は必要書類が多くて複雑って本当?」
 このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
 マンション売却時に、売却益が発生した時には、確定申告の義務があります。
仮に損益が出た場合に確定申告をすれば、税の優遇対象になる可能性があるでしょう。
確定申告の申告漏れが要因で、ペナルティの追加課税は避けたいですよね。
今回はそんな方向けに「マンション売却の確定申告」について詳しく解説します。


確定申告  

□確定申告をした方が良い理由

マンション売却の際に、売却益が発生した場合、確定申告の義務があります。
特に申告をしなかった場合は、後日の申告・修正の手続きをしても、ペナルティとして追加課税が課せられるでしょう。
一方で、確定申告の際に特例を利用すれば、税の優遇を受けられる場合があります。
そのためマンション売却益の損得に関係なく、確定申告の申請をおすすめします。


□確定申告の必要書類

・本人確認書類
・マンション取引の領収書:2枚(購入時・売却時)
・売買契約書:2部(購入時・売却時)

必要書類が不足している方は、追加課税になる恐れがあります。
紛失した場合は、取引を行った仲介業者や不動産会社に相談して、書類のコピーがあるか確認しましょう。


□確定申告の時期

確定申告の時期は、マンション売却時から翌年の2/16〜3/15です。
この時期の税務署は確定申告の方が多くいらっしゃるため、混雑が予想されます。
事前準備をしておき、早めに確定申告を行えるようにしましょう。
また、税理士への無料相談や無料セミナーが開催されるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。


□確定申告の方法

*税理士に依頼する

税理士に依頼する場合、数万円の料金がかかりますが、確定申告を委託できるので、専門的な助言をいただけるでしょう。
時間の効率化とプロへの信頼感から、税理士に依頼する方が多くいらっしゃいます。

*e-Taxを利用する

e-Taxとは、国税庁が提供しているスマホで確定申告ができるシステムです。
スマホで手軽にチェック項目を入力するだけなので、税務署に足を運ぶ必要がありません。
国税庁のホームページから確定申告書の作成ができますので、税務署に行く都合がつかない方におすすめです。


□まとめ

今回は「マンション売却後の確定申告」について詳しく解説しました。
売却時の損益に関係なく、確定申告は行うべきといえます。
確定申告の方法には、税理士への依頼だけでなく、スマホから手軽に申請できます。
税務署での手続きが難しい方は、e-Taxを利用してみてはいかがでしょうか。
ご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
当社の経験豊富なスタッフがマンション売却に関して全力でサポートいたします。