マンション売却豆知識コラム

マンションの売却の手続きはどのような流れ?徹底解説します!

「マンションの売却を検討しているけど、どのような手続きがあるのかわからない」

「マンションを売却する際の一連の流れを知りたい!」

このような疑問やお悩みを抱えていませんか。

転勤や住み替えといった様々な理由で、マンションを売却したいと考えている方はいらっしゃると思います。

しかし、実際にどのような流れでマンションの売却手続きを進めるのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、不動産会社に仲介を依頼して売り出す手順から売却までの流れを解説します!


手続き



□売買契約までの手続きと流れ


*査定の申し込み


マンションを売却するには、まずマンションの査定を行ってもらわなければなりません。

物件の査定には、机上査定と訪問査定の2種類があります。

自分の都合に合う方を業者と相談して選ぶのがおすすめです。


*媒介契約の締結


マンションを売却するにあたって、不動産会社に仲介してもらうために、媒介契約を結びます。

媒介契約には、一般媒介・専任媒介・専属専任媒介の3種類があり、仲介を他の不動産会社にも依頼するかどうかで分けられます。

自分の都合や考えに合わせて選びましょう。

媒介契約を締結すれば、あとは買い手が現れるまで待つだけです。


*売買契約の締結


マンションの買い手が見つかれば、売買契約に移ります。

一般的には不動産会社のオフィスにて、物件の売主と買主が同席して、売買契約を結びます。

契約を行う際には、実印、印鑑証明、本人確認資料、印紙代、そして権利証または登記識別情報通知書が必要になります。


※実印と印鑑証明は必ず必要という訳ではありません。



□売買契約当日の流れ


*契約内容、付帯設備の説明と確認


不動産会社に買主に対して契約内容や付帯設備等の説明をしてもらいます。

売り手側でも、内容に間違いがないかを必ず確認しておきましょう。


*契約書への署名と押印


契約内容やその他の重要項目の確認が終われば、契約書への署名と押印に移ります。


*手付金の受領


売主の都合や希望によっては、その場で現金を受け取ることも可能です。

振込の場合には、着金確認をしておきましょう。



□まとめ


今回は不動産会社に仲介を依頼して売り出す手順から売却までの流れを解説しました。

マンションの売却をどのような流れで行うのか、ご理解いただけましたでしょうか。

マンションの売却に関する手続きや必要なもの等は詳細にご説明させていただいております。

マンション売却をお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。