マンション売却豆知識コラム

マンションの売却にはどれくらいの期間がかかる?平均期間とポイントを解説します!

「マンションの売却を検討しているけど、どれくらいの期間がかかるの?」

「売却期間を過ぎても大丈夫なの?」

こういった疑問やお悩みを抱えてはいませんか。

転勤や住み替えなどの様々な理由で、マンションを売却することがあるかと思います。

しかし、実際にはどのくらいの期間で売却できるのか、おおよその平均期間を過ぎても大丈夫なのかわからないという方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回はマンションを売却する際の平均期間と早く物件を売る方法を解説します!


期間



□マンションの売却にかかる平均期間


マンションの売却活動を開始してから、売買契約が成立するまでの平均期間は約2ヶ月から4ヶ月と言われています。

ただし、物件の状態やその他の様々な条件によってはすぐに成約したりなかなか買主が現れなかったりする場合もあるため、あくまで目安として考えておくのが良いでしょう。

不動産会社に仲介を依頼する際に結ぶ媒介契約では、基本的に有効期限が3ヶ月と定められているため、不動産会社はその間に成約させたいと考えます。

従って、不動産会社の立場からも平均期間が3ヶ月前後というのは納得できますね。



□平均期間を過ぎたらどうする?


物件の売却にかかる平均期間は3ヶ月前後と紹介しました。

しかし3ヶ月以上経っても物件が売れない場合、早く売りたい方にとっては本当に売れるのか心配になってくるかもしれません。

では買い手を早く見つけるにはどのような方法があるのでしょうか。


*売り出し価格の値下げ


物件の買い手が見つかりにくい要因の一つとして、価格の高さがあります。

販売開始時は、物件の状態や立地条件相応の価格を設定しているかもしれません。

しかし販売が長期化する場合は価格を下げれば、買い手が見つかる可能性も上げられます。


*リフォームする


もし物件の内覧者が多いにも関わらず、なかなか成約にまで辿り着かない場合には、内装に何らかの不備がある可能性があります。

大掛かりなリフォームをする必要はないので、購買意欲を下げるような箇所にはリフォームをした方が良いかもしれません。


*売却の時期を変える


一般的に不動産業界では夏や冬は閑散期とされているため、この時期の売り出しは成約が難しいと言われています。

春や秋などの人の動きが盛んな時期に売却を検討してみてはいかがでしょうか。



□まとめ


今回はマンションの売却にかかる平均期間と、それを過ぎた場合の対処方法について解説しました。

マンションの売却にかかる期間は、平均2ヶ月から4ヶ月とされています。

ただし特別な事情を除いては、物件を早く売ればよいということではないので、納得できる条件で購入してもらえるように上記の方法を検討してみてください。

※様々な事情や早期売却が必要な場合は不動産会社に直接買い取ってもらうことがおすすめです。

当社では、仲介での売却だけでなく、買取も行なっておりますので、事情に合わせて最適な方法を提案させていただきます。

お気軽にご相談ください。