マンション売却豆知識コラム

マンションの売却は一般媒介と専任媒介のどっちを選ぶ?違いを詳しく解説します!

「マンションの売却を検討しているけど、どんな方法があるの?」

「媒介契約って聞いたことないけど何のこと?」

このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか。

不動産物件の売却には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

しかし、実際に売却を検討するとなるとどのような方法があるのかわからないという方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、マンションを売却する際に結ぶ「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の違いについて解説します!


※「専属専任媒介契約」もありますが、今回の記事では取り上げず、大きく「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の違いにフォーカスしてご紹介します。


売却説明画像


□そもそも媒介契約って何?


媒介契約という言葉はなかなか聞き慣れない言葉ですよね。

しかし、不動産を売買する際には、まずこの媒介契約を結びます。

媒介契約とは、簡単に言うと不動産会社に仲介を依頼するための契約のことを言います。

どのような条件で売却し、報酬額はいくらにするのかといった項目に沿って、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」に分けられます。

ではどのような違いがあるのかを以下で解説していきます。



□一般媒介契約とは


一般媒介契約は、複数社に対して物件の売却を依頼できるという特徴があります。

複数社に売却を依頼することで自分が売りたい物件の情報をより広く発信できるため、成約の可能性を高められます。

ただ、複数の不動産会社に依頼すると、それぞれの不動産会社との調整をご自身で行わなければいけません。

依頼した不動産会社を上手く調整して、不動産会社同士で競争する状態にすると早期に売り抜くことが可能です。



□専任媒介契約とは


専任媒介契約は一般媒介契約と異なり、1社としか契約できません。

しかし、不動産の売却を1社のみに任せられるため、より売却に注力してもらえるというメリットがあります。

また、不動産会社によっては契約締結のためにハウスクリーニングやインスペクションなど様々なサービスを提案してくれるなど細かなサポートを受けられるといったメリットもあります。

不動産会社からの報告義務もあるので、より詳細な情報が得られて安心です。



□まとめ


以上、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の違いについて解説しました。

マンションを売却する際には、一般媒介契約または専任媒介契約を不動産会社と結びます。

それぞれにメリットがあるため、自分はどちらを選ぶべきなのかといったことを相談してみてはいかがでしょうか。

もし不動産物件の売却についてお悩みでしたら、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

当社ではマンション売却の実績が豊富ですので、物件ごとに異なる状況もしっかりサポートさせていただきます。

お気軽にご相談ください。