マンション売却豆知識コラム

滋賀で不動産買取を検討している方へ!事前に手続きを把握しておきましょう

不動産買取における手続きとはどのようなものなのでしょうか。
なるべく早く不動産を売却するために買取を利用しようとしている方は多いと思います。
では、具体的に不動産買取の手続きについて見ていきましょう。

□はじめに必要書類を確認して準備を行おう!

買取を行う時の最初のステップとして、必要書類を確認して準備を行うことが挙げられます。
具体的にどのような書類が必要になるのかを確認していきましょう。

1つ目は、登記済権利証や登記識別情報です。
不動産を誰が所有しているのかを明らかにするための書類で、2005年からは登記識別情報という形で交付されています。
なくしてしまった場合には司法書士に依頼することになるので、一度所有しているかどうかをご確認ください。

2つ目は、固定資産税納付通知書です。
固定資産税に関する書類で、年に一度お住まいの市区町村から送られてきます。

3つ目は、本人確認書類です。
免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの本人確認ができるものをご用意ください。

ここからは戸建て住宅や土地、マンションの売却など、必須ではありませんが、各売却ごとの追加の書類をご紹介します。

マンションを売却する場合には、マンションの管理規約という書類があります。
マンションを購入したタイミングで受け取っているものなのですが、もし見当たらなくて必要な場合は管理会社に確認してみてください。

土地と戸建て住宅を売却する場合、土地測量図面と境界確認書という書類があります。
これから売却する予定の土地の面積や他の土地との境目を明確にしておく必要があるので、もしなくしてしまっている場合は再度測量し直すことになる場合もあります。
土地の状況にもよりますが、測量には10〜50万円程度かかります。

また、戸建て住宅を売却する場合には建築確認済証や検査済証が必要になります。
これは建築基準法に則って建てられた住宅かどうかを証明する書類です。

□手続きの流れについて詳しくご紹介!

書類を準備できましたら、次に手続きの流れを確認しておきましょう。
買取は大きく以下の3つのステップに分けられますので、それぞれ詳しくご紹介いたします。

*不動産の相場を詳しく調べる

まずは売却予定の不動産はどのくらいの価格で売却できるのかを調べておきましょう。
現在所有されている不動産の価値を客観的に把握し、いくらであれば売却するべきなのかを判断する基準を先に把握しておく必要があります。
一般的な仲介での取引とは異なり、買取の場合は不動産会社が直接買主になるので、買い手を探すことなくスムーズに早く売却が完了できますが、相場よりも売却価格が低くなります。

*不動産の査定を依頼する

相場を調べたら、次に査定を依頼しましょう。
査定を行うことで、現在所有されている不動産に実際にどのくらいの値段がつきそうなのか、どれほどの市場価値が見込めるのかの目安がわかります。
査定方法は、簡易査定と訪問査定の2種類あります。
客観的な情報から簡単に目安の金額を導き出せるのが簡易査定、実際に不動産会社が物件を確認し、様々な点を考慮してより詳細な売却できそうな金額を出すのが訪問査定です。
それぞれの査定方法の特徴を踏まえた上で、お客様がお持ちの不動産の査定を行いましょう。
当社でも無料で査定を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

*どのようなプランで売却するのかを決める

査定を行った後は、買取にするのか、仲介にするのかなどの具体的な売却プランを決めましょう。
期限が決まっていて最大限に売却価格を高くしたい場合は、買取保証付き仲介などのプランを選ぶのも良いでしょう。
すぐに売却を完了してしまいたい場合は、買取を利用するのがおすすめです。
当社では買取や買取保証付き仲介などの様々なプランをご用意しておりますので、お客様似合わせた最適なプランをご提示いたします。

□引き渡しの時に必要な書類について解説いたします

引き渡しを行う時には、上述いたしました本人確認書類や印鑑証明書、住民票などが必要になります。
住宅ローンが残っている場合には、ローン返済の金融機関の連絡が必要になります。
住民票と印鑑証明書は、取得してから3ヶ月以内のものである必要がある点にご注意ください。

□まとめ

この記事で紹介したように、不動産買取の手続きとして、書類を準備したり査定を行ったりする必要があります。
その後、どのようなプランで売却するのかを決めると良いでしょう。
当社では様々な方法で不動産買取を行なっておりますので、まずはお気軽にご相談ください。